恋愛にもウィルス感染があるのかな?

恋愛サポート

コロナウィルスが流行しいますが、皆さんのお住まいの地域では、コロナウィルスが広まっていないでしょうか。

私の周りには、コロナウィルスは、広まっていないのですが、なぜか、恋愛にについての「病気」が広がっています。

明るいニュースがほとんどなく、テレビを見れば、コロナウィルスの話ばかりで、精神的にも盛り上がってきません。

そんなこともあって、恋愛に悩む人が私の周りでは増えています。

ウィルスで感染こそしないものの、なぜか恋愛が上手くいっていない人がいると、その人の周りも上手くいかないという状況が生まれてきています。

このような状況がコロナウィルスが感染するように広がっているのです。

恋愛にも病気があることをご存知ですか。

ウィルスの様に感染はしませんが恋愛にも、ちょっとした病気がありま。

恋愛依存症というものがあるんです。これは正式な病名ではないので、正確には、病気ではありません。

依存症と聞くと、ギャンブル依存症やアルコール依存症などが思い出されると思います。

それと同じように、恋愛にも依存症があるのです。

恋愛依存症になると、どのような症状が出てくるのでしょうか。

恋愛依存症には、いろんな症状があって、「この恋愛がもし終わってしまったら、今の生活が成り立たなくなってしまい、人生が全て終わってしまう」と強く思ってしまうんです。

「恋愛がないと、生きて行けない」・・・そんな状況です。

この場合の恋愛依存症は、すごく危険なんです。

本人が恋愛をするのは、自由なのですが、相手がすごく悲惨な目に合ってしまします。

恋愛依存症になるのは、女性ばかりとは限りません。どちらかというと男性の方が多いかもしれません。

実際、私の周りにも被害者になった女性がいました。

この女性は、男性がおそらく恋愛依存症で、付き合っている彼女に「君がいなくなったら、自分はもう終わりだ」と、直接彼女に告げたのです。

彼女は、以前から、この男性とは別れたいといったいたのですが、ずるずると付き合っていたところ、男性に、このことを告げられたのです。

もっと早めに別れを切り出せばよかったのですが、言い出せなかったところが、彼女の優しさでもあったのです。

その後、この男性は、しつこく彼女に付きまとって、メールやラインの返信がなければ、1日に何回もラインをしてきたりするよになったのです。もはやストーカーです。

これは、嫌がれせとかじゃなく、もう病気なんです。
この男性は、不安でしょうがなかったようなのです。

彼女も、だんだん怖くなって、いろんな人に相談していたようですが・・・

彼は、以前彼女と楽しかった恋愛時のことを、出会うたびに言うそうです。そして、以前の楽しかった日々を「もう一度復活させよう」とか、「あの楽しかった場所にもう一度行こう」などと言ってくるそうです。

余程その時のことが、楽しくて、頭の中から抜けないのでしょうね。

これが、恋愛依存症のひとつのパターンです。

もうひとつ恋愛依存症の話をします。

もうひとつは、女性なのですが、常に新しい人との出会いを求めていい人を探し続ける人がいたんです。

この女性は、いい男性(理想の男性)と出会うことで、生きがいを求めていたようなところがありました。

その人と付き合うかといえばそうではないんです。常に新しい理想の男性を見つけ続けるのです。

本当にそんな人がいるの?と思われるでしょうが、本当にいたんです。

これも恋愛依存症の一種だと思うんです。

この2つの恋愛依存症に共通するところを見つけました。

ギャンブル依存症もそうなのですが、ギャンブルに依存している訳ではないんです。実は、勝った時の興奮がもう一度味わいたくて、ギャンブルをしてしまうんです。

パチンコやパチスロでいうのであれば、「777」が揃ってフィーバーした瞬間の「心地よさ」を経験したくて、パチンコやパチスロをするのと同じことなのです。

恋愛依存症の彼や彼女も、昔の楽しかった思い出をもう一度実現したいという思いや、理想の男性に出会ってワクワクしたいという「なんとも心地が良い」思いを実現したいために、繰り返してしまうのです。

これも立派な依存症の一種だと思います。

恋愛というカテゴリーの中に、このような心地よい思いをすることは、たくさんあります。

今まで、低かった自意識や自己肯定感が強まり、気持が高揚して快感だった時のことを思い出してしまうのです。

決して悪い事ではありませんが、他人に迷惑をかけるような恋愛依存症は、おすすめできませんね。

タイトルとURLをコピーしました